終活について

終活ノート(エンディングノート)とは?

こんにちは。
終活カウンセラーの柴田です。
今回はお話は終活ノート(エンディングノート)についてです。
終活を考えるうえで切っても切れない関係なのが「終活ノート(エンディングノート)」です。
遺言書のように正式な形式が決められているわけではなく(法的な意味はなく)、
自由な内容を書き記しておけるのも魅力です。
終活ノートとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

終活ノート(エンディングノート)とは

終活ノート(エンディングノート)とは残された家族に対して、自分の考えを伝える目的と、
終末に向けて残りの人生をより良いものにしていきたい人が作成するものです。
自分が亡くなったあとに、財産分与で家族が揉めてしまわないか心配な人にとっても、
大切な想いは終活ノートを通して伝えることができます。

終活ノートで注意しなくてはいけないのが、あくまでも遺言書ではないので、
亡くなる人の考えや想いを記録するためのノートに過ぎません。
法的な効力がないため、日記のように気軽に記入できます。

ノートとして文章で残している人もいれば、PCやスマホを使って書き記している人もいます。
書き方にも形式が決められているわけではないので、形式張ったものにこだわらず、
書きやすい方法を選択してくださいね。

終活ノートにはどんな項目を書けばいいの?

終活ノート

就活ノートには具体的にどんな項目を書けばいいのでしょうか。
必ず書かなければいけない項目はありませんが、
内容に困っているのであれば参考にしてみてください。
また、すでに就活ノートとして販売されているものも使ってもいいと思います。

相続財産関係

財産分与は残された家族にとっても一番揉め事になりやすい項目です。
加入している生命保険や受取人、連絡先はもちろん、
現金の場所や預貯金の有無、不動産や有価証券などのお金に関することを整理しておく必要があります。
相続財産だけに限らず借金も合わせて記入しておく必要があります。
間違えていると手続きができなくなってしまうので、正確に記入するようにしてください。

葬儀関係

葬儀に関する業者の指定や喪主、遺影の有無や、
お墓などの納骨の場所がわかるようにしておくと、残された家族の負担を軽減することもできます。
お世話になっている菩提寺さんへの連絡先はもちろん、
年間にかかる費用、寺院の住所や連絡先なども書き記しておくと安心です。
また、終活を考えるうえで生前にできるだけ準備できるものは進めておきましょう。

医療関係

急な事故や病気で意識不明や危篤になってしまったときにどうしたいのか、
また常備しているお薬や、アレルギーの有無、延命治療の考え方なども
終活ノートに書き記すのをおすすめします。
残された家族が決めなくてはいけなくなり、精神的にも大きな負担がかかります。
事前に話し合いができるのであれば、自分の意見を伝えておくことも大切です。

連絡先

葬儀に呼んでほしい人や、生前お世話になっていた人の連絡先、
親族関係などの連絡先を書き記しておくことも大切です。
いざ亡くなったときに、連絡先がわからないと伝えることもできず、
葬儀に参列してもらえないケースもあります。
相続関係の手続きにおいても親戚関係がわかるように記載されていることで、
トラブルを防ぐことにもなります。

終活ノートの管理には十分に注意すること

大切な個人情報がたくさん詰まっている終活ノートだからこそ、
どのように保管しておくのかも重要です。あまりにセキュリティが
頑丈な場所に保管してしまうと、必要なときに探せなくなるデメリットもあります。
また、わかりやすい場所に置いて奥と第三者に見られてしまう危険性もあります。
終活ノートを用意したあとは、どこに保管したのか大切な人(
信頼できる人)に伝えておくようにしましょう。

まとめ

終活ノートは、あなたの終末を考えるうえでも大切なものです。
葬儀や納骨、相続などの希望を伝えること、また遺族の負担を減らすことにも繋がります。
形式などは関係ないからこそ、終活ノートを通して向き合う時間を確保するようにしてくださいね。

モニター募集




関連記事

PAGE TOP