終活について

終活でお金の管理はどうしたら良い?残された家族の生活を守るために

終活では、お金の管理は絶対に外せません。
一言にお金の管理といっても現金だけでなく、預貯金や各種保険
不動産、有価証券、クレジットカード、ローンなどさまざまなものがあります。
お金は生きていくうえで大切なものだからこそ
終活でもしっかりと計画立てて管理できるようにしたいものですね。

終活でのお金の管理のポイントは

終活で誰もが迷うお金の管理について、紹介していきたいと思います。

預貯金等のお金

預貯金が入っている口座は、人によっては一つや二つに限りません。
あなたは自分が今どれだけの数の口座を持っているのか把握していますか?
仕事で給料が振り込まれる口座や、生活費の引き落としなどお金の出し入れが
日常的に行われている口座の場合は、すぐに思い出せる人がほとんどだと思います。

でも現在は使っていないものの、昔開設した口座がそのままになっていませんか?
また今流行りのネットバンクもスマホからログインするため
家族に見つけてもらえない可能性もあります。

使っていない口座はできるだけ見直しておき、使う口座だけにすっきりと
整理しておきましょう。また、
預貯金で登録されている印鑑と同一のものはあるか、住所や名前は現在のものに
なっているかも確認します。
口座にはたくさんの個人情報が詰まっていますし、あなたの大事な情報です。

クレジットカードの支払

終活のエンディングノート

近頃はキャッシュレス化が進んでいることもあり、クレジットカードや
ローンの支払が残っているまま亡くなってしまった場合は
その支払は家族が引き継ぐようになってしまいます。
もし、支払いを放棄しない場合は、亡くなってから3ヶ月以内に手続きを行う必要があります。
そのため、支払いが残っているものがあれば家族に伝えなくてはいけません。

実際に所有しているクレジットカードの一覧表を作成しておき
カード会社や借入先、名称なども含めわかるように記載します。
ローンの残高も書き記しておき、わからないときは
借入先の会社に問い合わせをして聞くようにします。

クレジットカードの枚数が多いときは、少なくするための解約を行いましょう。
あくまでも本人しか使用できないので、続ける選択肢はありません。

各種保険のお金

保険も大切なお金です。家族が受け取れる保険に加入している人の場合
そもそも保険があることを家族に知らせていないと気付かないリスクもあります。

そもそも現在加入している保険があなたの生活に見合っているものなのか
定期的に見直すようにしましょう。必要のない保険や過剰になっている保険は解約する
不足している部分を補うなどの現在の生活に一致したものを選びます。
保険会社は電話番号も合わせて一覧にしておきます。

有価証券の管理

有価証券は見た目こそ紙切れですが、お金と同等の価値があるものです。
株式や社債券などがこれに当たります。購入している証券会社などに連絡をして
運用報告書を送ってもらいます。
日々の変動を確認しながら、投資の対象を見直す作業などを行います。

今後大きな損益になりそうなものは解約する必要もあります。
有価証券のままで残しておくべきかなども含め、相談しておきましょう。
銘柄はどこか、名義人の有無、株数、取得単価などわかるようにしておくと
いざというときにも困りません。

まとめ

終活についてお金管理がきちんとできているのかどうかは、とても重要です。
お金は残された家族の生活を守る基板にもなります。
もし、家族のことが心配なのであれば、お金に関して負担をかけないように
終活を行うのをおすすめします。
つい自分だけがわかっていればいいや…になっていることも多いので
同時に見直しておくと自分のためにもなるはずですよ。

 

エンディングメモリー格安モニター




関連記事

PAGE TOP