終活について

終活で遺影写真はどうやって準備する?終活カウンセラーが解説

終活の一つに、自分の葬儀で使う写真をどうするのかについても考えていかなくてはいけません。
なかには遺影にはこの写真を使って欲しいと決めている人もいるかもしれません。
ただ、その想いを子供や親戚などに話しておかないと、
使われないままになってしまうことも。終活の一環として遺影を準備してみませんか。

終活で遺影を準備することとは

葬儀の遺影

そもそも遺影とは、葬儀のときに祭壇に飾る故人の写真のことを言います。
家族が亡くなったときに、できるだけ直近に撮影された写真のなかから、
写真を選び遺影用として修正しサイズを引き伸ばして使います。
亡くなった人の顔写真や肖像画を残す習慣は、
江戸時代に生まれ、当時は歌舞伎役者の姿を後世に伝えるために描かれたものでした。

昔は遺影についての厳格なルールのようなものもありましたが、
現在は旅行中に撮影した写真や、日常の一コマに撮影した写真を遺影とすることもあります。
終活の一環として、遺影用の写真を自分で用意するために、
写真館などで撮影し準備をする人も増えています。

なかには生きているときに、自分の遺影を用意するのはちょっと…なんて話される方もいます。
ただ、遺族にとって遺影があることで、故人の想いを形にできる安心感もあります。
終活で遺影を用意するのは、自分のためでもあり、残された家族のためでもあるのです。

終活で遺影の撮影はどこでするの?

遺影の撮影に決まりがあるわけではありません。
顔がしっかりと写っていれば、どんな髪型でもメイクや服装でも十分に遺影として使えます。
そのため家族に撮影してもらい遺影を準備するケースもあれば、
写真館などで遺影写真を撮影してもらう方法もあります。

家族に撮影してもらうメリット・デメリット

生前に遺影を撮影するのに、できるだけ費用をかけずに自然な表情で
撮りたいと考えている人は、家族にお願いする人もいます。
すぐに撮影ができるので、撮影したいタイミングで用意できること、
旅行先などのいつもの生活の姿を遺影として残せる良さもあります。

その反面、専属のヘアメイクやアクセサリーなどを用意するわけではないので、
最後にキレイにしてもらった姿で写真を撮りたいと考えている人には
物足りさもあるかもしれません。
自己流の写真になってしまうので、プロが撮影したようなきれいな
写真とはいえない点がデメリットになります。

写真館で撮影してもらうメリット・デメリット

写真館で撮影するためには、その分費用がかかってしまいます。
でもプロのコーディネートやメイク、ヘアセットなどを受けられるものもありますし、
写真を若返りの加工で修正する方法もあります。
遺影はたくさんの人にお別れを伝える最後の写真だからこそ、
できるだけきれいに撮影してほしい、データと写真の両方を残しておくこともできます。

写真館によっても値段設定が違いますし、一生の記念としてプロの撮影を希望する人も増えています。
たくさん撮影した写真のなかから、お気に入りの一枚を選べるのもいいですね。

遺影があることを家族に伝え忘れないように

せっかく遺影を撮影しても、それを家族に伝え忘れていると葬儀の
祭壇に飾ってもらえなくなってしまいます。
事前に遺影を撮影していること、写真やデータがどこにあるのかを伝えておかないと、
使ってもらえなくなってしまいます。
葬儀までの時間は慌ただしく、探している余裕がないケースもあります。
遺影があることを家族に伝えておくようにしてくださいね。
また、事前にデータを家族に預けておく方法もあります。

まとめ

終活で遺影を撮影する人も増えているからこそ、事前に用意しておくことは
ポジティブな終活でもあります。
あなたらしい素敵な表情の遺影を用意できるといいですね。

エンディングメモリー格安モニター




関連記事

PAGE TOP